不動産における相続の注意点

売却処分をするだけでよいのか?

活用すべき土地と売却した方が良い土地を区別する


画像の説明

相続税の支払いに直面した場合に、真っ先に考えるのが価値の高い土地から順に売却していくというのが普通だと思います。しかし、ただ単に相続税のためだけに土地を売却してしまうのは考えものです。売り急ぐことで価値のあるものを安く売ってしまい、大きな損失をしてしまうことさえあります。
有効活用が可能な土地は売却せずに先を見越して維持するという選択肢もあります。

土地を相続すれば、その土地に税金が課せられます。所有するには課せられる税金の納税計画を立てなければいけません。
複数の土地があって、相続をする際はその土地の価値や駅などの利便性を考慮して、条件の悪い土地から処分することが大事です。

つまり、相続した土地を「活用すべきか」「売却する」で区別することが大切です。
個人では価値ある土地をどのように有効活用するのか、土地の価値や駅などの利便性の判断は難しいと思います。そこでプロのアドバイスが必要になります。

マンションを相続する場合の注意点

マンションは税金以外の費用も発生します。


画像の説明

マンションを所有するためには管理費や修繕積立金、固定資産税などの必要経費を支払うこととなります。とくに修繕積立金についてはマンションの経年劣化の進行具合によれば修繕積立金以外にも、多大な費用の支払いを求められることもあります。
家族や親族が住むのでしたら良いのですが、マンションを相続したあと、どのような方法かでマンションを活用するかによってその後の処理が異なってきます。
必要経費などの負担を考えるとマンションを売却する手段もあります、第3者にマンションを貸して家賃収入を得る方法も考えられます。

相続したマンションを第3者に貸出して家賃収入を得る場合

家賃収入を得る→相続物件を有効活用するには良い手段です。
しかし、そのマンションが本当に利益を生み出す物件なのか、適正に判断しなくてはなりません。第3者に貸すので現状のままというわけにはいきません。リフォームの費用やマンションの状態、建物の立地条件など、賃貸経営にとって重要となるポイントを検討しないといけません。
また、マンションを維持するためには高額の必要経費が必要になります。利益と支出のバランスを考慮しながら賃貸経営にあたらなければいけません。土地同様、プロのアドバイスが必要になります。


相続したマンションを売却する場合

めんどくさいから闇雲に処分してしまうのは考え物です。
もしかするとお宝物件ということもあります。

立地が良く、管理体制がしっかりしたマンションなら売却するよりも第三者に貸出したほうが有効活用できます。
売却を掛けるとなると時期や条件、売る相手によって売却額が左右される場合もありますので、相続したマンションを処分する際にはまずはプロへ相談することをお勧めいたします。

その2に続く


↑ページのトップへ / 相続、不動産の勉強をしようのトップ