不動産における相続の注意点その2

物件の売却を検討する際に・・・

優良物件に転換もひとつ

画像の説明

不動産を相続した際に、処分するか、所有するかの判断材料が「立地」だと思います。
立地が悪い物件は不動産の遺産相続においてマイナス要素となります。立地の悪い不動産では有効利用をして収益をあげることは困難です。不必要な不動産を維持することは維持費を支出するだけでは所有している意味がありません。
一般的には不要な不動産は処分というところで終了だと思います。
それだけで良いのでしょうか?

一歩進んで、不動産の買い替え

組み換えともたとえられます、相続した不動産を売却して、立地の良い収益性の高い不動産に買い換えることで相続した遺産を有効活用する方法があります。
相続した遺産は大切ですが、所有し続けるためには多大なコストが必要となります。
不動産を有効活用して収益を得なければ支出だけが増えていきます。
立地の悪い不動産は維持するためのコストがかかるだけとなりますが、立地の良い不動産に買い換えることで収益性の高い財産へと生まれ変わるわけです。それにはやはりプロの的確なアドバイスが必要となりクス。
相続した遺産はしっかりと有効活用してこそ意味があるのです。そのお手伝いをいたします。


↑ページのトップへ / 相続、不動産の勉強をしようのトップ