土地の有効活用

Q.所有している土地を有効に活用したいのですが・・・


pic_master03.png

このような提案もしています。
退職後の安定収入確保のための土地の有効活用
区画整理事業で換地処分を受けた土地の有効活用
赤字同族会社の事務所・工場敷地の有効活用
賃貸ビル事業の収益低下に対応した再有効活用
老朽賃貸住宅の建替え・再有効利用
提案は色々・・・


土地活用提案事例①

安佐南区A様
ご要望相続で実家を取得したが家が老朽化、不要なスペースも多い
住むための家と敷地が広いので土地の有効利用が希望

安佐南区A様敷地図
クリックで拡大します

●詳しい詳細
・不要な建物解体、母屋のリフォームで業者より
 1300万の見積
 建物解体➡250万円 母屋のリフォーム➡1050万円
 収支:−22万円/年間
 (固定資産税・都市計画税分を支払いでマイナス)


弊社提案事例わかりやすくするために金額の端数は一部切り下げしてます

新築住宅33坪3LDKを総額1800万円で建築
駐車場付き賃貸アパート3戸を総額4000万円で建築
建築資金は全額ローンで充当(30年返済・金利1.5%)返済は賃貸収益でまかなえる
残金は収益となる
新築に伴い、建物の固定資産税・都市計画税が上がるものの、年間でかなりの収益が生まれる


302_(2)
クリックで拡大します

収入:10万円×3戸×12ヶ月=360万円/年間
支出:土地建物の税金(アパート側・約20万円/年間)
ローン返済(約165.6万円/年間)

収支:360万円-185.6万円=174.4万円/年間 

※新築自宅のローンを支払っても収益化を実現


使えない実家を建て替えたうえで、自己資金なしで相続土地活用し上手く収益化できた事例です。

弊社の現地調査と分析によって、継続的に賃貸需要があると判断、ハイクオリティーで建築コストを下げた新築住宅やアパートの建設の提案で安定した収益が見込めます。ご自宅の住宅ローンの支払いもまかなえるということでご納得いただきました。
大手のハウスメーカの提案では建築コストが高額となり、収支が曖昧で将来に不安を持たれていました。