少しでも安く、質の良い修繕やリフォームをする

意外と賃貸経営で大きなウェイトを占めるのが物件の修繕やリフォームの費用です。

この経費は表面利回りには組み込みません。表面利回り上では利益が出るはずなのに

赤字になったり、ほとんど手取りが出ない場合の大きな要因は、この経費が大きいからです。


画像の説明

賃貸経営の初心者の悩みの種が発注する際のその作業の相場や単価がわからないというのがあると思います。
そしてどんなことをすれば良いかすらわからないと思います。

実はリフォームや建築業界では素人同然の賃貸経営の初心者は「いいカモ」とされてぼったくりに合っていることがよくあります。

また、集客を上げるために安アパートに定価が数百万円のキッチンを入れても、無駄な努力となります。

ターゲットとなるお客様のニーズに合った内装にしていくことで良いのです。あとはひと工夫が重要となります。

山田資産では不動産のコンサルタント業務の他にも、賃貸経営の初心者の支援サポートとして、山田資産ネットワークをフル活用して、修繕、リフォームのサポートもさせていただいております。他社では難しいメーカー直結の修繕、リフォーム可能で経費削減にご協力させていただいております。質の良い修繕、リフォームが格安で実現できます。
ぜひ、ご相談下さい


物件のパターン別の修繕、リフォームの簡単な例を挙げてみます。

家賃が3~4万円程度の賃貸物件

借りる方もある程度のこの程度ならという意識はあると言えるので、ある面、生活できればというレベルで問題はないと思います。
床に手を入れると費用が掛かるので、壁紙(以後はクロスと表記)を張り替える程度で十分でしょう。
クロス張替えの豆知識


女性の方などは臭いに敏感なので、空室でも換気とかは怠らずにかび臭さや空気の停滞時の臭いなどの発生を抑えるように心がけたいものです。


家賃が4~6万円程度の賃貸物件

画像の説明

都市部を除くと最も需要の多い価格帯で激戦地区ですね。
それなりの綺麗さと装備が求められるでしょう。
ウォシュレット、追い炊きのお風呂、カラーで写るドアフォンなどの装備は欲しいと言われます。
新築物件ではオートロック装備の賃貸物件もあります。
デジタルキー付きの電子錠などの設置も検討されるとよいでしょう。


エアコン付きは当たり前となってきてます。
最近では照明器具の価格も下がったので、最初から付けておくというのもいいと思います。


最新建材としては、傷が付きにくい床材や洗えるクロスなどもあります。
退去時の現状回復のトラブルが大きな問題となっています。
このような建材の採用で、安心して契約してもらえることが、ライバルと差をつけられることにつながります。

退去時の現状回復のトラブル回避策


家賃が6万円以上のの賃貸物件

都市部の物件でなければ良くて当たり前ですね。
ネット回線無料とかのところも増えてます。
より良くを検討していかなければいけまん。
まずは、条件の良い物件のオーナーになることが一番という価格帯です。