広島で不動産投資するなら、本当のプロに任せましょう!

画像の説明

物件の大小、金額にかかわらず、コンサルティングいたします。

画像の説明

ほとんど知識や経験のない人が「不動産コンサルタント」と名刺を出し、不動産コンサルティング業務をすることはできてしまいます。
「不動産コンサルタント」と称して、不動産物件を売るために名乗るだけです。
本当は依頼者にとってはしっかりと裏づけられた知識と経験があり、そして信頼性の高いアドバイザーにコンサルタントに仕事を頼みたいと考えるのが当然です。


公認不動産コンサルティングマスターとは

試験科目は、1.不動産コンサルティング実務・事業、2.経済・金融、3.税制、4.法律、5.建築、となっており、不動産にかかわる建築、金融、税、法律のスペシャリストです。
不動産の有効活用・既存建物物等のバリューアップ・不動産投資、賃貸収益物件の経営アドバイス・相続にまつわる不動産処分の相談・税金や法律のプロとの連携などを総合的にコンサルティングするのが不動産コサルティングマスターです。

不動産業者に勧めらてる物件が本当に良いか自分には判断がつかない・・・

大きな借り入れをして大丈夫だろうか?

融資の手続きとかが、わかりにくい?

正しい節税対策が知りたい!


不動産投資をしたいけれど、このような悩みで

踏み切ることができないあなたに

公認不動産コンサルティングマスターが安心を添えてお答えします。


画像の説明

失敗しない不動産投資をスタートから将来の資産運用まで
一連の流れを公認不動産コンサルティングマスターがコンサルティングします!
不動産業者ではない公認不動産コンサルティングマスターのいる当社だから投資家の方に
とって最良な不動産をアドバイスできます。

不動産投資は、エリア・間取り・価格・建築工法、建物構造など、投資家(素人)
が判断するにはわかりにくい要素がたくさん含まれています。
公認不動産コンサルティングマスターは不動産だけでなく、建築のスペシャリストでもあるので安心です。


画像の説明

画像の説明

2020年の断熱基準改正で断熱基準の大幅引き上げが行われます。義務化と言う事で、断熱性能の低い家は建てられなくなります。

賃貸住宅の断熱常識も変わってきます。

断熱性能の低い賃貸物件は不人気物件となります。

大手のハウスメーカーや不動産業者の中には建築コストの安い、今のうちに、不動産投資家に賃貸物件を建てさせてしまえという流れがあります。
それに乗ってしまうと大きな後悔が待ってます。
本当のプロである公認不動産コンサルティングマスターに相談する事によってこのように失敗への道を歩まない結果が得られます。