山田コラム第3回

相続問題こそ、不動産コンサルティングマスターが必要

「公認不動産コンサルティングマスター」が必要な代表的な業務のひとつが相続問題です。

相続問題は不動産のことだけではなく、法律や税務知識、保険、金融などが関係し、さらには数多くのその筋の専門家との連携も必要だったりします。各専門家に連絡を取りそのつどアドバイスを受けるということは費用も、時間も、かかり大変です。また、複数の専門家のアドバイスなので見解のずれが発生します。このようなアドバイスを一括して解決できるのが「公認不動産コンサルティングマスター」です。

また税理士や弁護士、他の専門家には判断が難しい、実際の不動産の市場価値や売れるか、売れないか、運用可能か(貸せるか、いくらで貸せるのか、賃貸にするリスクはあるかなど)高いレベルの不動産知識が必要になってきます。
相続財産の多くは不動産であることが多いです。その他の資産は分割も楽でトラブルは少ないですが、不動産は複雑な問題が多く、これが原因でトラブルを起こしていることが多いと思います。

画像の説明

また相続問題ではご依頼者様の個別な事情、感情、思いによって対応が変わりますので、公式通りの様に解決というような汎用的な答えはありません。

このように相続問題は「公認不動産コンサルティングマスター」が「ご依頼者の意思決定」のお手伝いをする必要があります。
知識のない専門家に相談するよりも、「公認不動産コンサルティングマスター」にアドバイスを受けることが、不動産相続対策の節税効果は高いので、コンサルティング報酬の方が
格段に安上がりとなります。
払わなくても良かったことが後からわかるものです。
アドバイスを聞いていれば・・・・とあとから言われる方が多いです。