競売不動産で高利回りの収益物件を獲得

画像の説明

競売不動産は一般の方には裁判所を経由した不動産取引なので取り扱いが難しく、多くのトラブルの報道からダークなイメージもありました。
ここ数年、法改正で競売不動産は大変注目されるようになり、多くの一般投資家の方々が参入されています。
競売不動産は市場の物件よりも比較的に安くて優良な物件や手に入りにくいタイプの物件も入手が可能で、人確かな目利きさえあれば、収益の取れる「素晴らしい物件」を手に入れることが可能ですです。公認不動産コンサルティングマスターが競売不動産の入手のお手伝いをいたします。

競売不動産物件でもは建物は内部を見たり、通常の取引では可能な、所有者から直接説明を受けるということが出来ません。
裁判所の資料である3点セット(『物件明細書』『現況調査報告書』『評価書』)から情報を読み取り、どのような物件かを判断する必要があります。
物理的な建物の情報にだけに頼らず、付随する権利関係についても把握し理解しなければなりません。
当社では公認不動産コンサルティングマスターが情報をしっかり汲み取り、できる限りの現調査も致します。総合的に判断をして場合によっては入札しないことを勧める、ご提案することもあります。
すべては依頼人の利益のためです。


画像の説明

物件を取得後は・・・

リフォーム後、賃貸住宅として、家賃収入を得たり、売却して利益を得たりできます。
また、一定期間の間、賃貸住宅として収益を上げた後に売却ということも考えられます。
長期間、借りていただいた賃貸人に声を掛ければ買い取ってもらえる可能性が高いです。

}}



落札後賃貸として貸す場合
画像の説明


落札後すぐに中古住宅として販売する場合
画像の説明


落札後賃貸として貸し、期間を置いて中古住宅として販売の場合

二段階販売方法

画像の説明
①落札後、賃貸として貸し出す。
ある程度の利益を出す。

画像の説明
②期間を置いて中古住宅として
販売、資金回収を図る

画像の説明
③売る際に賃貸人に購入を
打診するのが、販売経費もかけずに
売れるのでメリット大
賃貸人も住み慣れた家を買えて
引っ越し経費とかもいらなくなる


高い利益を上げるには取得価格を抑えれば抑えただけ成功に近づくこととなります。
不動産投資を考える上で、もはや競売不動産は選択肢の一つとして考えられます。
公認不動産コンサルティングマスターの強いサポートが必要となります。