相続税・生前対策

相続税 生 前 対 策 とは?

相続税・生前対策

画像の説明

その時が来て初めて、どうしょうという方が

ほとんどではないでしょうか?

生前に相続税の生前対策をすることは可能で

本当は一番大切なことです・・・・

生前中に相続人に財産を贈与する等生前対策をすることでで、
相続税として支払わなければいけない税金負担を軽減することが可能になります。
また、遺言書等を残す等や、時間をかけて親族間で話し合う時間が取れるので
相続トラブルを回避することも出来きます。
多くの方の心配事の相続トラブルでもめない為に、
事前に対策する事が大切なのです。


これが生前対策です。
ここを読む家族が死亡した時の手続きと事前にやっておくこと全知識

生前対策の内容によりますがと、対策期間として5年以上の時間を要するする場合もありますので、お早目のご相談をお勧めいたします。随時、無料相談会「山田塾」を開催しております。


画像の説明

画像の説明

[check]家族、親族の相続トラブルを未然に防ぎたい

[check]相続人を自分の意志で決めたい

[check]土地の評価や資産の額、分割の方法を知りたい

[check]その時必要な納税額をあらかじめ確認したい

[check]相続時に慌てることが無いようにしておきたい

[check]相続関係で損をしたくない、納税額を減額したい

相続トラブル回避相続税減額、納税資金確保が可能となります。

生前対策で、相続トラブルを未然に防ぎ、その時に備えることで「いざという時」に慌てることがなくなります。

生前対策を怠ると

思わぬ状況に置かれる可能性があります。

・予想外の高額な相続税が払えず、安価で資産(不動産)を売却となる。
・分割する遺産のことで家族・親族が揉めて、遺産分割協議となり、高い弁護士費用が掛かる
・生前対策していれば、減額できた相続税を支払うこととなる。
・納税資金が足らず、主な遺産であるマイホームを売り払うことになる。
・遺産相続がもとで親族と疎遠になる


生前対策をするタイミングは今です
相続税対策には時間がかかります。

まずは「山田塾」で相続、不動産のお勉強から始めましょう!!
個別の無料相談会も行ってます。



相続税改定により課税対象者は約1.5倍に増加

うちには関係ない!!
相続税は一部の富裕層だけが対象だと思っておられませんか?

2015年1月に相続税が改正されたことによって、下図のように基準額が変更となりました。
それにより遺産に係る基礎控除額が引き下げられ、課税対象者は従来の約1.5倍になると言われています。
もはや、身近な問題となってます。
画像の説明
貯蓄は多くなくても、土地やマいホームなどの不動産を所有する場合、多くの方が課税対象者となります。譲り受けた土地が思わぬ査定ということもあります。
また、被相続者名義のものだけが財産とみなされると思いがちですが、
配偶者名義の預金であっても、財産はお金を稼いだ者の一部とみなされるため、
思わぬ貯蓄まで財産とみなされ課税される可能性があります。

その時が来て初めて慌てないよう、早めの対策を行いましょう。

まずはこちらから山田塾に参加する